じてんしゃ夫婦。

足りないくらいがちょうどいい生活。ロードバイクに、DIYに、料理に、園芸も。

【野菜戦士ベランダー3】キュウリは簡単にすくすく育つものだと思っていたあの頃

 

プランター菜園を始めて3日目

 

 f:id:mamemame08:20180530180639j:image

主人は毎日キュウリに水をあげていました。

 

長方形のプランターには

キュウリの1ヶ所

キュウリの2ヶ所

が配置されています。

 

種は芽がでるまで時間がかかるので、

まずは苗が成長するのを楽しみにしていました。

続きを読む

【野菜戦士ベランダー2】プランターと土を用意した。

とれたてキュウリを家でも食べたい!夫のピュアな欲求節約を狙う妻のヨコシマな欲望

二つの思いが重なり合い、プランター菜園を計画するのであった。

この夏はキュウリに挑戦です。

実家のキュウリは苗がいいのか、畑で作っているためか、食べるのが間に合わないくらいできます。一人5本ノルマで食べてることも。

さて、プランターではどうかな?

 

 

材料・情報集めは実家で遂行。まずは土作り。

田舎育ちなので、土が欲しいなんて思ったことがなかったのですが、いざ土が必要になったときに身近に無いことに気がつきました。公園から掘ってくるわけにもいかないしね(笑)

 

ということで、実家に帰省したときにプランターを準備しました。土と肥料を入れたら車で持ち帰る算段です。

f:id:mamemame08:20180528201636j:image

父のアドバイスを受けながら、プランターに畑の土を入れます。姪っ子ちゃんが手伝ってくれました。かわいい。

 

肥料と保水性のある土を混ぜたら、プランターの準備完了です。あとは持ち帰ってお水をあげて、を蒔きます。

1ヶ所だけ保険でキュウリの苗を植えました。

 

f:id:mamemame08:20180528201440j:image

帰ったら早速水やり。ジョウロはダイソーで150円。

芽がでるかな?楽しみです。

 

野菜戦士ベランダーになる1

人はふとしたことで、「新しい扉」を開けることがあります。

自転車だったり、ハイキングだったり、はたまたシフォンケーキ作りだったり。

我が家はすぐに扉を開けてしまう性分でして、飽きて、買ったものがガラクタ山にならないかヒヤヒヤしています(もうなってるかも)。

 

そして、今回はまたひとつ新しい扉を開こうとしているお話です。

 

f:id:mamemame08:20180527153043j:image

私の田舎でつくる野菜。

夫・よっちゃんは「とれたては美味しいね!」と喜んで食べてくれます。

 

そう、今回の新しい扉は「家庭菜園」です。

 

よっちゃんにとれたて野菜を家でも食べて欲しいから。という大義名分はありますが、本当は別の理由があります。

実家から山盛り野菜をもらっていたため、私にキュウリを買う感覚がないから。

キュウリを食べたいなら、実家からもらうか、自分で作るしか道が無いのです。

 

 この夏は自分たちで作ったキュウリを食べたい。

夫婦の暑い夏が始まりました。

つづく

 

シフォンケーキに挑戦5

夫のシフォンケーキ道

 

f:id:mamemame08:20180525220821j:image

時間があればキッチンに立つ夫・よっちゃん。

彼の中でシフォンケーキ熱は冷めていなかったのです。そして、今回は応用型として、マーブルシフォンケーキに挑戦するそうです。

いつのまにか材料にバンホーテンココアが用意されていてびっくり。こだわってますね。

 

f:id:mamemame08:20180525221330j:image

お見本のマーブルシフォンケーキ。こんなのが作りたい!!

妻は熱心な夫を影で見守ることしかできません。「あなた、ガンバッテ・・・」

 

 

夫「ぎゃああ」

 

  

f:id:mamemame08:20180525221310j:image

また凹んじゃった〜

 でも、マーブルはいい感じでした。

私は成功してると思っているのですが、よっちゃんは納得しませんでした。まだまだ研究は続くようです。

ごちそうさまでした。

 

 

そして、これまた火曜の夜。

仕事から帰ってシフォンケーキを焼いていました。

f:id:mamemame08:20180525221946j:image

 おお、きれい。

 

f:id:mamemame08:20180525222109j:image

膨らみすぎちゃったと言っていました。

卵のサイズが大きかったからとか?

ごちそうさまでした。

 

妻は夫にこれからもシフォンケーキの研究を続けて欲しいと願うのでした。