じてんしゃ夫婦。

足りないくらいがちょうどいい生活。ロードバイクに、DIYに、料理に、園芸も。

1.ロードバイクのはじまり

もう5年も前の話ということに驚きを隠せませんが、私がどうロードバイクに興味を持って、どうやって決めて、どこで買ったのか、当時を思い出しながら書いてみようと思います。

 

あのころは弱虫ペダルも連載が始まったくらいだったな。

何回かに分けて書きますので、お付き合いください(^ ^)

 

f:id:mamemame08:20180911185413j:image

 

 

 

ことの発端はカナリ太ってしまったこと。

わたし、食べるのが大好きなんです。

もうね、お肉もお米も、甘いものもだーい好き。お酒はあまり飲まないので助かりましたが、それでも暴食の極みなわけで、社会人になったらさらに太る太る。暴食に取り憑かれていましたね。

 

そんなある日、会社で仲良しのおじさまに言われたわけです。

おじさま「おい、おまえ・・・背中大きくなったぞ!?」

 

私「え!」

 

たしかに・・・思い当たるフシしかない。こんなんじゃお嫁に行けないブー!ブヒブヒ。

 

ジムでダイエットを試みるも続かず

そこで、ダイエットをしようと思い立ち、ジムに通ってみることにしました。水泳が効果的だと思ったからです。

この時は週2〜3日通って毎回700m泳いでいました。なぜか平泳ぎばかり。


しかしながら、なかなかジムで行う測定日に結果を出すことができませんでした。体重も体脂肪率も変化が無いのです。

ジムのカウンセリングでは「もっと泳ぎましょう」とのことでしたので、それからは毎回1000m泳いでいました。(今思えば負荷が足りなかったのかも。チンタラ平泳ぎばかりだったし。)

 

3ヶ月経っても測定に変化が無く、

冷え性だと燃えにくいので、陸に上がってスタジオレッスンをしましょう」

とアドバイスを受け、エアロビに挑戦することになりました。

意気揚々とレッスンに参加しましたが、私だけみんなとズレるズレる。しまいには先生が目の前で踊りに来ることもしばしばあり、だんだんと足が遠のいてしまいました。リズム感ないのね。

 

最終的には、ランニングマシーンに乗って、のろのろと走ることしかしていませんでした。ハムスターのように。いや、ハムスターの方が速いな。

結局、ランニングマシンのためにジムに通うモチベーションが無くなり、ジムは退会してしまいました。

 

ジムは続かなかったけれど、外で走っていました。

 

ジムで「汗をかいて運動するのはストレス発散になって気持ちいい」ということは覚えたのです。


何事も続けるように頑張らなきゃいけないのだけど、もっと楽しみながら痩せれてたらいいのになあ。そんな甘くはないか。。。なんてぼんやり考えていました。

サイクリングロードで出会う


いつものように、サイクリングロードをジョギングしていると、ロードバイクがたくさん走っているのに気付きました。
よく見かけるけど、楽しそうだな・・・ピチパンで奇抜な格好だけど。


私がジョギングしても、たかだか5kmくらいだから、いつも景色が一緒なんだよね。
自転車だったらもっと遠くへ行けるから楽しそうだなあ。


そんな興味をもって家へ帰ってネットで検索すると、
出るわ出るわ、たくさんのロードバイク乗りが楽しそうに走っている姿が。
予想以上にロードバイクってのは距離を走る乗りものらしく、100kmなんてザラらしいのです。
100ですよ?目を疑ってしまいました。
神奈川から静岡、名古屋まで走っちゃうような人も見つけました。
なにこれ、まぶしすぎる!!


車や電車を使えば簡単に行けちゃうところでも、
自分の肉体で行ったら達成感が半端ないハズ!
だってブログの人たちはとっても輝いているんだもん!!


ゴクリ。

私も・・・・遠くへ行ってみたい。
達成感を味わってみた・・・い。


光に導かれるように、
じわじわと自転車の世界に引き込まれていきました。。。

 

これが私のロードバイクのはじまりです。